こだわりのある賃貸住宅は家賃が割高?収入と家賃のバランスに注意

月収から必要経費を差し引いた金額の3割程度が適切な家賃

無理をすることなく家賃を支払っていくには、家賃の3割ぐらいが適切とされています。もし月収が30万円であった場合、家賃は10万円前後がよいことになります。しかし、月収が30万円で家賃が10万円では高いと感じる人もいるでしょう。その理由としては、他にもいろいろな支払いがあるからです。

正社員であれば、収入から支払うべき税金や保険料が差し引かれて振り込まれますが、個人事業主の場合には、手取りのお金から税金や保険料を支払うことになります。そのため、差し引かれる分も考えて家賃を決めないといけません。正社員であっても電気代や水道代などの公共料金は差し引かれないので、支払う税金や生活費などを省いた金額の3割前後に抑えておくと、家賃の支払いが楽になるでしょう。

家計配分をしっかりと考える

自分にとってどれぐらいが最適な家賃なのかを知るためには、月収から生活をしていくのに必要な金額を差し引いて考えなければいけません。税金や公共料金、食費や保険料は必ず支払う物なので、あらかじめ差し引いておきましょう。しかし、毎回食費や公共料金は金額が変わるので、毎月どれぐらいかかっているのかをきちんと把握する必要があります。

そのためには家計簿をつけておくとよいでしょう。現在は簡単に使用できる家計簿のアプリもあるので、手書きよりも簡単に記録を残しておけます。そうすれば毎月どれぐらいのお金がかかっているのか把握しやすくなります。必要な経費を全て引いた金額から3割程度の家賃が必要になる物件を目安に探せば、自分に適切な賃貸住宅が探しやすくなるでしょう。